JDFD公式テキスト ニットファブリック解説書

¥ 3,564 税込

加算ポイント:232pt

商品コード:

関連カテゴリ

  1. 道具
  1. 道具
  2. JDFD公式テキスト
数量

ニット素材を詳しく解説したJDFDのニットファブリックテキストです。

綿のニット素材を編み方別にカテゴリ別けし→裏毛、天竺、フライス、スムース、鹿の子など

糸の番手の数値が高い順に実物が張り付けております→例、60番→40番→30番→25番→20番→18番→16番
番手の説明もございます。例えば30/2や30/10の意味を説明しています。

それぞれの生地にイラストを解説と一緒に印刷しており、色が付いている個所に使用する事をオススメしております。例、身頃用または端の始末用。

この本の最大の特徴、それは色々な生地を触って比較がしやすいように作られています。

糸番手の違いと原料が異なると生地の厚み、肌触り、伸縮率、光沢感が変わりますが、 具体的にどう仕上がりが変わるのかを比較しやすいように生地を配置しています。 更に、オーソドックスですが糸の説明、編みの説明を簡潔にご説明しています。

≪比較例≫

同じ番手の双糸と単糸で作られた生地の違い比較 例。30と30/2の比較
番手が変わるとどう変わるのか比較
厚地や薄地、中肉厚ってどれくらいの厚みか比較、やや薄手ややや厚手など表現が多く非常に解りづらいので是非触って比較して下さい。
また、双糸は糸が太くなるのですが、太くなった時に同じ番手の生地との肌触りを比較
同じ番手の糸を使用した度詰めと普通の編み地の比較
普通の綿糸とコーマ糸、スーピマ綿(超長繊維)、カード糸の比較
同じ番手の糸を使用した綿100%の生地と混紡の生地の比較
同じ番手の糸を使用した綿100%の生地とベア天、スパンとの比較
同じ番手でもウレタンが入ると生地は伸縮性以外に厚みと固さが変わるのですが実物を触り変化を知る事ができます。

教科書内にて違いを簡潔に説明していますが
沢山比較する事で番手や生地の説明から生地をイメージしやすくなりますのでネット上で生地を購入する方、また生地について解らないという方にオススメの教材です。